Home » Notizie » Milano-Taranto 2013 – Le Tappe

Milano-Taranto 2013 – Le Tappe

Il percorso, a grandi linee è già delineato. Sei tappe come sempre, duemila chilometri o giù di lì, da un capo all’altro dello Stivale.

Partenza da Milano e arrivo a Imola la prima notte. Tappa classica, con un intermezzo sulle stradine dell’Appennino, giusto per riprendere confidenza con le salite che ci saranno compagne per tutta la settimana dal 7 al 13 luglio. In mezzo anche la Raticosa, cosa ne dite?

Seconda frazione da Imola a S. Maria degli Angeli, a un tiro da Assisi. Emilia, Romagna e Umbria. Meglio prepararci con francescana pazienza, considerato che i luoghi che attraverseremo sono quelli dedicati al poverello d’Assisi.

Montagne pure nella terza tappa che ci condurrà da S. Maria degli Angeli a Colli del Tronto. L’Adriatico selvaggio sarà comunque a portata di sguardo e renderà meno tormentato l’arrancare delle moto.

L’Abruzzo e il Molise sono nel menù della quarta giornata di gara. Il traguardo sarà posto a Isernia.

Penultima frazione da Isernia a Potenza, nel cuore della Basilicata. Una terra aspra e selvaggia, capace però di stupire e affascinare. Le salite ci accompagneranno per tutto il giorno. Franco Sabatini, quando si mette d’impegno, è capace di farci percorrere anche 400 chilometri senza un metro di pianura.

Infine l’arrivo a Taranto, con le immancabili soste a Martina Franca e Villa Castelli, da sempre parte integrante della nostra rievocazione.

DEUTSCH

Der Weg ist im Großen und Ganzen gezeichnet, Sechs Etappen wie immer, mehr oder weniger zweitausend Kilometer, von einem Ende zum anderen des Stiefels.

Abfahrt von Mailand und Ankunft in Imola in der ersten Nacht. Klassische Etappen mit Intermezzo auf den Straßen des Apennins, eben um wieder Vertrauen mit den Kurven welche uns vom 7ten Juli bis zum 13ten Juli begleiten werden. Zwischendrin auch Raticosa, was meint Ihr?

Der zweite Schritt von Imola nach S. Maria degli Angeli, kurz vor Assisi. Emilien, Romagna und Umbrien, und kurz durch die Toskana. Und sollten wir unterwegs den Futa überqueren? Oder Giogo es ist wohl besser wenn wir uns mit der Geduld des hl.Franziskus bewaffnen, da wir durch die Gegend des Armen von Assisi fahren.

Berge auch in der dritten Etappe, welche uns von S.Maria degli Angeli nach Colli del Tronto bringen wird. Die wilde Adria wird in unserem Blickfeld sein und das Erklimmen der Motorräder etwas leichter machen.

Abruzzen und Molise stehen auf dem Menu des vierten Tages. Die Ankunft wird in Isernia sein. Es ist unmöglich, durch Maiella und Gran Sasso zu fahren, ohne unsere Freunde in Aquila, welche vom Erdbeben 2009 stark getroffen waren, zu besuchen.

Vorletzte Strecke von Isernia nach Potenza, im Herzen der Basilicata. Eine raue und wilde Gegend, welche jedoch verwundern und faszinieren kann. Strecken nach oben werden uns den ganzen Tag begleiten. Wenn sich Franco Sabatini anstrengt, kann man 400 km ohne eine flache Strecke fahren. Zum Schluss die Ankunft in Taranto, mit den unverfehlbaren Stopps in Martina Franca und Villa Castelli, Teil unserer historischen Revokation

ENGLISH

The route is already roughly defined. Six stages, as usual, for about 2000 km from one end to the other of the boot.

We will start in Milano and arrive in Imola the first night. A quite straightforward section with an incursion on little roads through the Appennins, just to get used to steep passages that will not leave us for the residuary part of the week, from 7th to 13th July. In the route also Raticosa, what do you think?

Second day from Imola to S.Maria degli Angeli, right under Assisi, through Emilia Romagna, Umbria and a little part of Toscana. There will be one important mountain pass, Futa or Giogo. But Saint Francis, the poor friar from Assisi, which footprints we will follow, will teach us patience.

Pure mountains in the third section that will take us from S.Maria degli Angeli to Colli del Tronto. The wild Adriatico see will be in sight distance and will make the tormented uphill ride bereable.

Abruzzo and Molise are in the menu of the fourth day. The arrival will be in Isernia. Impossible, while passing by Maiella and Gran Sasso not to think of the people of Aquila that have been affected by the earthquake of 2009.

The fifth day will take us from Isernia to Potenza, in the hearth of Basilicata. A wild and harsh land, able however to wonder and fascinate. Most of the day the road will run uphill. When Franco Sabatini really commits he is capable to make us ride 400 Km without one single flat meter.

In the end the arrival in Taranto, with the traditional stopovers in Martina Franca and Villa Castelli.

JAPANESE

親愛なる友人であるタランティーニの皆さん

私たちが常に手入れを欠かすことのない、友人でもあるバイク達とともに加速してきた2012年も、夢見る暇もなく、終わりにさしかかろうとしています。

私たちは7月のミラノターラントレースを思い切り楽しみました。レース区間はどれも素晴らしいものばかりで、数々のタイムコントロールポイントで私たちが受けた歓迎もレースの伝統にしたがって、どれも素晴らしいものばかりでした。イタリアの美しい風景と芸術も私たちの目を楽しませ、満足させてくれたのではないでしょうか。

ひとつ目のレース区間の到着として私たちを迎えてくれたヴィチェンツァの素晴らしい広場、優雅で洗練された街フィレンツェ、岩の上によじ登るようにして到着した、ラディコーファニ、私たちを驚かせてくれたガッロマテーゼの小さなチェントロ、ミステリアスでありながら、ライトアップされた夜には巨大なプレゼーピオのように姿を変える有名なサッシのもとで成長を遂げた堂々たるマテーラの街並み、そして最南端の街であるターラント。

これらの街が私たちの素晴らしい郷土であるイタリアの知られざる表情を見せてくれました。長い道のりで出会った、私たちを感動させてくれた友人たちには感謝の気持ちでいっぱいです。いっぱいと言えば、お腹も一杯になりましたね。地元に伝わる食をたっぷりと用意し、私たちを迎えてくれた各自治体、街の自治会やモトクラブの皆さん。フリッセレや小さなカチョッタ、モッツアレラやリコッタなどのチーズ、蜂蜜を使ったドルチェ、ピリッと辛いサラミ、たくさんのモルタデッラのスライスとパン、たくさんの美味しいモノたちが私たちの食欲を刺激してくれました。数々の新鮮な果物たちも忘れがたい思い出です。メロン、スイカ、木からもいだばかりのアンズ…今思い出しても、よだれが出てきそうなものばかりでした。

さあ、新しいページをめくるときがやってきました。第27回ミラノターラント2013です。現在も参加登録を受けつけていますが、早いペースでポストが埋まってきています。レースの概要もほぼまとまりつつあります。例年通り、6区間、およそ2000キロメートルで長靴の先端まで到着するコースになっています。

第一行程はミラノからイーモラのゴールを目指し、1日目深夜のスタートとなります。レースの伝統とも言えるアッペンニーノ山脈を辿る坂道が続くこの行程は7月7日から13日のレース全行程を共にする仲間たちを知るのにはぴったりと言える道のりでしょう。途中には難所として有名なラティコーザの峠越えが私たちを待っています。

第二の行程はイーモラからウンブリア州アッシジに近い街、サンタ・マリア・デッリ・アンジェリまで続く、エミリアロマーニャ、ウンブリアそしてトスカーナにも触れる行程となっています。今、超えようとしているのはフータの山脈超えか?はたまたジョーゴの道のりか?清貧の聖者として知られるアッシジの聖フランチェスコのような忍耐をもって走ることが求められるような、そんな行程となっています。

サンタ・マリア・デッリ・アンジェリからコッリ・デル・トロントまで私たちを導く第三工程も山が続くコースとなっています。視界には自然のままの姿のアドリア海をとらえることができ、懸命に走りつづけるべく厳しい道のりでの私たちの苦痛を和らげてくれることでしょう。

レース4日目の第四工程はアブルッツォからモリーゼへと続く道のりとなっています。ゴールはイセルニアとなる予定です。マイエレッラ、グランサッソ、そして2009年に大きな地震に見舞われた街、ラクイラの友人たちに思いをはせずにはいられません。

最後から2つ目となる第5行程はイセルニアからバジリカータ州の中心部、ポテンツァまでとなります。過酷で野性的な土地でありながら、私たちを驚かせ魅了するコースでもあります。この行程は1日中、登り坂を辿る道のりとなっています。フランコ・サバティーニ曰く、全400キロメートルの間に1メートルたりとも平らな道はないとのこと。みなさんが奮闘されることを楽しみにしているようです。

最終日はターラントへのゴールとなります。ここでは私たちの記念レースに欠かすことのできない通過点であるマルティーナ・フランカとビッラカステッリの街に立ち寄ります。

このように来年のレースも豪華かつ期待のできるメニューとなっています。この冬の寒さで気温が0度を下回り、道が雪に覆われることがあっても準備は前もって始めることをお勧めします。私たちの年老いた貴婦人たちをガレージから出すだけの価値があると言えるでしょう。バイクのコンディションを保つためにも日ごろから短い距離を走らせておくようにしたいものです。

クリスマスと新しい年はもうすぐ。バイクを加速させる瞬間を待つこの時間も、あっという間に来年の7月まで私たちを導いてくれるでしょう。メリークリスマス、そして良い年をお迎えください。心を込めて。

Check Also

Il percorso completo 2019

Ecco il percorso completo della Milano-Taranto 2019 presentato in anteprima alla Fiera CAMER di Reggio …